2017年09月04日

心を癒やす台湾保養2017





今年の夏も、子ども達と一緒に台湾保養へ行ってきました。
2017年8月1日~11日 11日間
スケジュールを調整してくださった多くのお客様
応援いただいたお客様
ご支援いただいたお客様
本当にありがとうございました。

下記から『はっぴーあいらんど☆ネットワーク』の台湾保養の様子が見れます。
ぜひご覧ください。


心を癒す台湾保養2017出発

心を癒す台湾保養8月2日(水)現地報告(*‘∀‘)

心を癒す台湾保養8月3日(木)

心を癒す台湾保養8月4日(金)現地報告(’◇’)ゞ

心を癒す台湾保養8月5日(土)現地報告!(^^)!

心を癒す台湾保養8月6日(日)現地報告(’◇’)ゞ

心を癒す台湾保養8月7日(月)現地報告(#^.^#)

心を癒す台湾保養8月8日(火)現地報告(#^.^#)

心を癒す台湾保養8月9日(水)現地報告(#^.^#)

心を癒す台湾保養8月10日(木)現地報告(#^.^#)

心を癒す台湾保養8月11日(金)現地報告(#^.^#)

【心を癒やす台湾保養2017】11日間
多くの方の善意とサポートそして大きな愛に包まれながら、参加子ども達12名&同行スッタフ6名、日本へ帰国しました、
多くの学びと様々な経験は、それぞれのこれからの人生において必ず糧となる事を願ってます。

愛と感謝を皆さまへ
  

Posted by kama'aina at 18:37Comments(0)徒然日記

2017年06月08日

魔法の庭園

Alchemy Garden



愛知県の深い森の中 神越しの森



想いが祈りとなり、魂と繋がる





ようこそ【アルケミ・ガーデン】










薔薇・・・何を感じる?





















瞳に映る色彩






















誘惑するかのような花びら

















脳を刺激する多種多様な香り










魔法の庭園
最愛の人に捧げるお庭
その大切な庭園造りのお手伝い
セレモニーも執り行われ、
ハープの音色は音霊となり
庭園を囲む山々にも届いていた


植え付け前に腹ごしらえ



【花ごころ】さんから植え付けの講習
バラの土作り、とても参考になりました。




植え付け完了



ダーリンも頑張りました



薔薇のマグカップ



あけみさん ありがとう(*˘︶˘*).。.:*♡  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2015年08月06日

夏の甘酒

初めて《甘酒》雑穀入りを作りました。

想像以上に簡単でびっくり!!

豆乳&シナモンを入れてシェイク。





早速 試飲・・・。

一口 ゴクリ・・・face08

美味い!!

砂糖無しとは思えない甘さ。

ぜひ お試しあれ。


  

Posted by kama'aina at 12:45Comments(0)徒然日記

2014年04月18日

ホノ・フェス コンベンションセンター

3月7日 

午前中 教育プログラム 参加!

現地の小・中学生に【よさこい鳴子踊り】を体験していただきました。

可愛かったぁー。



18:30~ フレンドシップ・パーティー (ハワイコンベンションセンター)

『SUGA IZANAI蓮』のメンバーとして【よさこい】という楽曲を踊りました。

作詞・作曲 岡野弘幹





ホテルのロビーにて



演舞後、腹ペコだったので・・・。






  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2014年04月08日

ハワイ・パンケーキ

3月7日 ランチicon28

現地の小・中学生と楽しく『よさこい』を踊った後は・・・。

さすがに腹ペコリンです。

ハワイへ行く前から 「パンケーキface05だけは絶対食べたい!!」 とダーリンは申しておりました。

しかし、お目当てのお店 『エッグスン・シングス』 は前を通るたび長蛇の列

このまま食べずに日本へ帰ったら、ダーリンうなされちゃうかもface07・・・。

『エッグスン・シングス』 早朝6時から14時まで営業、その後少し休んで再オープン。


そんな話を、城崎温泉から来た踊り子の若女将さんに話したら・・。

「今1時過ぎた頃だから、タクシーでホテル戻って急いで行けば間に合うかも・・・。

2時前なら空いてるんじゃない?」

そんなわけで、急いで移動icon16icon17icon16icon16


間に合ったぞ~! 並んでないicon14 やったねface02

いただきま~すface05



5人で仲良くシェアしました。

今度は自宅でこの味にトライします。


  

Posted by kama'aina at 14:38Comments(0)徒然日記

2014年04月07日

ホノルル・フェスティバル

日本とハワイの文化交流

今年20周年を迎え、更にパワーアップした

 『ホノルル・フェスティバル』




このフェスティバルに踊子として参加するのは最後かな?

そんな思いをいただきながらの参加でした。

3月6日 ハワイ島からオアフ島のホノルルへ移動

クイーン・カピオラニ・ホテル チェックイン

部屋から見える風景です。




夕方 ハワイ・コンベンション・センター リハーサル !!



3月7日午前中

教育プログラム 参加! (ハワイコンベンションセンター)

現地の小・中学生によさこい鳴子踊りを体験した頂きました。





とても貴重な楽しい時間でした face02




  

Posted by kama'aina at 09:39Comments(0)徒然日記

2014年03月25日

キラウエア火山

3月5日午後

今日は、すばる天文台があるマウナケア山へ星空観測の予定でした。

ところが、なんと積雪の為道路がクローズ!

マウナケア山は富士山より高い4200m以上の山。

しっかり防寒着を持ってきたのに・・・。

でも、ハワイの火の神ペレが住む 【 キラウエア火山 】 へ!



キラウエア火山へ行くゲートを過ぎると、こんな風景が・・・。



水蒸気が一直線上にあがってます。

この地下に溶岩が今も流れ、地下水が触れてこのような現象が起きるのだそうです。

火口へ行く前にはこんなところも・・・。





もの凄い水蒸気!

寒かったので近寄るとサウナのようでした。

「あったかーい!」と気分よくしてたら

洋服が濡れて冷えるよ!と リチャードさん

おぉ~!それはやばい、体に良くない。

夕暮れになり、キラウエア火山ビジターセンター到着。

早速、センター内に入り説明を聞きます。

いよいよペレとご対面。

できるかな?



火口からは数キロも離れているのですが、真っ赤な火口は地球も生命体だということを再確認させられました。

言葉も出ず、ただただそのエネルギーに圧倒されていると・・・。

友人が「圭子さん、口開きっぱなし。」

ありゃりゃー、いや・・でも・・そのくらい凄かった。

ビジターセンターを後にし、車の中で軽く夕食。

でかいサンドイッチと蜂蜜入り緑茶。

蜂蜜入り緑茶・・・微妙・・・です。

でもこれホノルルでも定番でした。

お腹も満たされ、この後は Lava Tube ラヴァ チューブ

溶岩が地下を通り抜けた、自然のトンネル。

Lava Tube 近くの駐車場まで移動し、徒歩で向かいます。

此処は火口付近と異なり、まるで亜熱帯のジャングル。

暗闇の中、携帯やスマホの仄かな明かりの中進みます。

Lava Tube の中は不思議な空間でした.



鍾乳洞とは全く違う、地球の体内にいる感じ。




言葉では伝えきれないです、すみません。

キラウエア火山に行った時は、是非寄ってみてください。

Lava Tube を出て空を見上げると満天の星空!

息を呑む美しさでした。

私はどこへ行っても、必ずオリオン座を探します。

オリオン座の回りにはこんなに沢山の星々があったんですね。

このキラウエアでさえこんなに見えるんだから、

今回行けなかったマウナケアではどんな風に見えるんだろうと

ため息が出ました。





  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2014年03月22日

ブラック・サンド・ビーチ

ハワイ島は四国の約半分の大きさ。

コナの町からキラウエア火山までは車で約4時間。

途中、ブラック・サンド・ビーチに寄りました。

カメさんが来るのでも有名なビーチです。



カメさんに近づいてはダメ!

半径5メートルは離れます。



遠近法で




この後は、 【 ペ レ 】 がいるキラウエア火山へ

  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2014年03月21日

ハワイ島カイルアコナ

コナの町




ランチはここ



地ビールレストラン

ピザが絶品でした。

私はココナツ入りのビールを注文。

ビールを運ぶトラック



アメリカっぽい  

Posted by kama'aina at 11:16Comments(0)徒然日記

2014年03月20日

サンセット

ワイピオ渓谷からコナラニファームへ戻り

ハワイの美味しいいコーヒーを頂きながら

とても贅沢な時間を過ごしました。















地球に 宇宙に 感謝  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2014年03月19日

王家の谷

ワイピオ渓谷



ヒイラヴィの滝



今日は【ワイピオ渓谷】その奥にある【ヒイラヴィの滝】へトレッキング。

ここはハワイ王室の縁の地で、先祖代々が埋葬されてる神聖な場所です。



みんなで仲良く出発!

ワイピオ渓谷の谷底まで車を乗り換えて降りていきます。

車1台が通るのがやっとの細い道。

年に数台は落ちてるって・・・本当らしいです。

下に着きました。

準備OK!



後はひたすら歩く。



雰囲気あるねえ~



タロイモ畑とハイビスカス



途中こんなふうな川を何度も渡ります。



濡れたくない人はこの手、または乗馬のツアーに申込みます。



私達は川を目の前にしてから濡れることを知りました。



あ~、ジャブジャブするんだ。

でも深くて膝くらいでした。



たまにはダーリンと・・・モンステラと記念撮影>



こんなところに住んでみたい。



野生のノニ



私達がハワイ島へ来る前日まで嵐だったそうで、こんな大木が倒れてました。

ようやく【ヒイラヴィの滝】到着。



想像より小さい?!

とりあえず腹ペコだぞー!

リチャードさん、ランチicon14



チキン照り焼き弁当 普通にうまい

野生のパッションフルーツがデザートでした。

ハワイ島コナのスーパーのお惣菜コーナーには、おにぎり・お寿司・おいなりさん・何々弁当が売られてました。

観光客用ではなく、現地の方用です。

コナに住む日系人や日本人がいかに多いか分かったような気がします。

ランチ後は滝の上へ









此処 感じるエネルギーが全然違う

お祈りして 降りる







なんともエキゾチックな植物達
















  

Posted by kama'aina at 19:54Comments(0)徒然日記

2014年03月17日

ハワイ島へ

3月3日1日目

午前11時 kama'aina 母とニーナに見送られ出発




郡山駅から成田空港へ高速バスにて移動
高速バス、便利です。
以前は車や新幹線で行ってましたが、荷物の移動や帰りの運転が大変でした。

成田空港15時40分着
空港内のトイレで軽装に着替え、JALカウンターでチェックイン

その後、時間があるので空港のショップを散策
小腹が空いてお蕎麦を食べ、いよいよ出国へ


時間つぶしに踊りの練習

19時50分 成田空港出発

時間が逆行します。

3月3日 7時55分 ホノルル空港到着

まずは入国審査 イミグレーション 
パスポート OK! ESTA(ビザ申請取得書) OK! Eチケット(往復航空券) OK!
久しぶりのEnglish 聞き取れるか? 話せるか?

ところがなんとジャパニーズを話すでないか!
前回来た7年前とは対応が違ってました。

次はスーツケースを取りに行き、その後、国内線荷物預かり所へ。
タグがコナ空港かどうか確認!

はい、やっとホノルル空港の外へ出ました。
ホノルル空港国内線は歩いて2・3分。
ハワイアン航空チェックイン。


10時出発まで待ってる間

自分のスーツケースを発見!


ハワイ島 コナ空港 10時44分到着


雨がふりちょっと肌寒い。

お迎えをお願いしてたんだけど、リチャードさんってどの人かな?

う~ん、人がいなくなってきたぞ。

チラチラ見てるこの人かな?

「R子さんのお友達ですか?」

「はい、そうです。リチャードさんですか?」

日本語ペラペラでした。

聞くと何十年も日本にいたそうです。

このリチャードさんが、明日からのツアーガイドもやってくれるそうです。

あ~、ありがたや。

宿泊先へ行く途中スーパーへ寄り買い出し。

ハワイ島では 【 コナラニファーム 】 コテージで友人5人でお泊りです。

この坂を上がると



ドームハウスでとても快適。




お勧めですよ!



看板犬 セブン


















  

Posted by kama'aina at 18:55Comments(0)徒然日記

2014年02月12日

ハーブ研究家の講演会を終えて



先日、憧れのハーブ研究家の講演会へワクワクしながら行ってきました。

この方の出版された本を参考に、kama'aina大地の子のお庭や、家庭内でのあれこれに、楽しい時間を過ごしてました。

講演会が始まり、時間が進むと共に悲しいくなっている自分を発見し、なぜ私はここにいるんだろう?

何を期待してたんだろう?

あ~ぁ あの原発事故の日から『夢見る熟女』は消えた、と悟った感じでした。

周りを見渡すと、目をキラキラさせたおばさま方。

この人達は何も感じないのか?

話の内容は自分の生い立ちから始まり、ハーブの話。

ハーブの利用法や効果など。

どの話もほとんど本の中身と同じだったこともあり、私の内なる声は

「そんな事よりハーブ研究家として伝えなくちゃいけないことがあるだろう。」

「おいおい、ここ福島で、それやっていいの?」

「あなたに憧れている人は、何も考えず自分の庭で栽培したハーブを摘んてくるよ。」

「内部被曝を煽ってるみたいだ。」

「帰ろう 私はもう夢見る熟女じゃいられない」

立ち上がりかけた時

「ご意見・ご質問を3名まで受け付けます」

早鐘のようにドキドキしてきちゃった。

言うか、言うまいか。

何を言うの?

私はこのハーブ研究家を非難するつもりは全くない。

気づいて欲しい。

ここで何が起こっているのか。

あなたは何を伝えに福島で講演会をしてるのか。

あなたの言葉の影響力を知ってほしい。

2名は憧れてました、とか、素敵ですね、とか

そんなたぐいの言葉を並べてた。

会場内はとても暖かくエンジェルでも飛んでいそうなラブリーな雰囲気。

この雰囲気を壊すのは申し訳ないなぁと思いつつ、あと1名という言葉とともに手を上げながら立ち上がっていました。

私が伝えた内容は

「話し聞いてて、とても悲しくなりました。

私の庭のハーブは使えません。

なぜ使えないか、分かりますか?」

ハーブ研究家の顔は、はっとしたような表情になりとても戸惑っていました。

自分の立場や何やら話し、原発への考えを話し・・・。

「すみません、今は原発とハーブは別問題です。

汚染されたハーブはどうでしょう?」

えー、皆さん知ってますよね?知ってるでしょ、そんなことぐらいね?

「いいえ、大半の方は知りません。または知りたくないのかもしれません。」

その後も聴衆への問いかけが続き、その様子を見ながらこれで今はいい。

皆が考える機会が持てた。

半分も伝えきれなかったけど・・・。

会場を後にすると、私より年上の女性が声をかけてきた。

皆が知りたかった事を、言いたかったことを言ってくれてありがとう。

その後、再会を約束し別れました。

内部被曝を推進してる沢山の人々。

自分が作った野菜で誰かを病気にしてるかもと、良心の呵責に震える人々。

な~んにも考えず、無関係・無関心を装う人。

私も人間なんだな。  

Posted by kama'aina at 13:12Comments(0)徒然日記

2013年08月31日

2013高知よさこい祭り

灼熱の高知から、無事帰ってきました。



高知での様子はこちらからどうぞ

遊舞炎舞ブログ  

Posted by kama'aina at 15:32Comments(0)徒然日記

2013年03月24日

卒業式

3月22日 大学の卒業式

アップと袴の着付けをさせて頂きました。

小さかった頃からのお付き合いだったせいか、

感無量です!




  

Posted by kama'aina at 10:19Comments(0)徒然日記

2012年06月20日

ジンジャーエール





先日、TVで高知を旅する番組を見ました。

その中で、手作りジンジャーエールを紹介してた。

こんなに簡単に作れちゃうんだface08

早速、高知の新生姜を買いに走りましたicon16

粗みじん切りにして、ミキサーに少しのお水と一緒に投入

どろどろになった生姜と蜂蜜を合わせ、冷蔵庫へ

茶漉しに好みの量を入れ、炭酸水と混ぜて出来上がり。

甘めが好きな方(マイ・ダーリン)はサイダーで割ると良いようです。

美味しかったface05
  

Posted by kama'aina at 12:00Comments(0)徒然日記

2012年03月25日

保養プロジェクト

春休み北海道スキーキャンプ

子供たち、ワクワクドキドキしてるだろうなぁ・・・。

あっ、私もだ(笑)

今日の午後、仙台港へ向けて出発icon17

仙台港から北海道の苫小牧港へicon19



あ~ 船酔いしませんようにface06

保養プロジェクトの様子はこちらクリック→NPO『はっぴーあいらんど☆ネットワーク』

子供たちのとびっきりのきらきらみずいろ笑顔きらきら黄色に出会うために・・・。

では、行ってきますicon16

  

Posted by kama'aina at 11:20Comments(0)徒然日記

2011年07月22日

福島へ

6月13日月曜日

加計呂麻島を離れる日

朝から雲行きが怪しい

瀬相の港へ着く頃にはドシャ降り

宿のご主人がフェリーの中まで車で送ってくれました

車から降りた途端 青白い光りがあたり一面を照らし

ものすごい雷鳴が響き渡った

あぁ 雷 神が降りたんだなぁ

加計呂麻の神様が 見送りに来てくれた ありがとう

古仁屋港から奄美空港まではレンタカーで移動

途中 ばしゃ山村でランチ





鶏飯(けいはん) 奄美名物です

白いご飯の上に具材を乗せ 鳥だしの温かいスープを掛けて いただきます

奄美のあちこちで そのお店独自の鶏飯を提供してました




雨が小降りになっていたので こちらでいただきました

これは 油ソバ




大きなエビが入って豪華 意外とあっさり 

もっと大きな胃袋が欲しい




ハワイの田舎にいるみたい

静かなのが すごく良かった

オフシーズンだからですね

奄美最後のお食事を済ませ 福島へ

お会いした皆さんが とても心配してくださった

ありがたい

避難した方がいい そう言って泣き顔になる方

でも私は 福島で住む

福島でなければ 分からないことが沢山ある

福島からでなければ 発信できないエネルギーがある

そして 見届けたい

ここ福島が どうなっていくのか

どんな風に 成長していくのか

福島にいるからこそ感じるエネルギー

それを大切にしたい
  

Posted by kama'aina at 09:05Comments(0)徒然日記

2011年07月05日

奄美満喫

湯湾岳の帰りは宇検村へ





アランガチの滝
 

豊富な水量で奄美特産の黒糖焼酎【れんと】はこの水から作られてます



 
沢山の蝶が水を飲みに来てました





アランガチのガジュマル


こんなにデカイ





ガジュマルに会いに来る道中 こんな標識が





アマミクロウサギ 国の特別記念物です





皆で守りたいですね


この後 古仁屋のお土産屋さんでお買い物

PM5時半出発のフェリーで加計呂麻へ戻ります





小腹が空いたようです





宿に着いたのは夕方6時過ぎ

登山靴をウォーターシューズに履き替え 海へ

そういえば現地の方は 水着で海には入らないようです

裸ん坊ではありませんよ

今着てる服のまま 海へ入ります

女将さん 前掛けのままで泳いでました

なので私も スポーツ用スパッツに長袖Tシャツで海へ

はじめは冷たかったけど 気持ち良かったなぁ

海から出るとお風呂場へ直行

お庭から直接は入れます

で 待ってるのは 生ビール

ご馳走様でした
  

Posted by kama'aina at 10:00Comments(0)徒然日記

2011年07月02日

湯湾岳

日本で始めて神様が降りた場所 きらきらみずいろ湯湾岳きらきらみずいろ

様々な言い伝えがある霊峰

本州の山々と比べたら 意外と低い 軽く登れそうな高さ

登山コースの駐車場から約1時間半

でも山 しかも亜熱帯でハブもいる

宿の女将さんにお願いして ガイドさんを頼みました

6月12日(日)午前7時半出発 

8時 古仁屋港の海の駅でガイド・富岡さんの車に乗り込む

いざ 湯湾岳へ

古仁屋から約1時間 湯湾岳登山道入り口到着

今回のメンバーは 私とダーリン そして宿で一緒になったヤスエちゃん

ヤスエちゃんは東京から来た宿の常連さん

女将さんに言われ 急遽一緒に登ることになりました

駐車場でダニよけのスプレーをまんべんなく足元からしっかり吹きつける

肌が見えるとこにも虫除けクリーム

グローブ・帽子 首の周りもしっかりガード




お決まりの記念撮影 手にしてるのはハブ避けの竹の棒

これで1歩1歩進むたびに 右側をガサガサ 左側をガサガサ

ハブがいないか確認しながら進みます




赤い鳥居をくぐって山頂を目指します

1歩1歩 竹筒で左右を確認しながら進んでいきます




お出迎えは巨大なナメクジ君




モロコシソウがアチコチに咲いてました




でたでた ヒャン 毒があるので遠くから眺めてました




アマミフユイチゴ すっごくちっちゃーい




カクチョウラン 




ハブのお出ましだー といってもこちらはヒメハブ

毒性がちょこっと弱いそうです




リュウキュウハナカイダ 葉っぱの上に小さな花が咲き これは咲いた後です

自然を満喫しておりますが 実は私苦しんでいました

亜熱帯の山の中は まるで無風状態のサウナ

大量の汗 虫が危ないので脱ぐわけにはいかない

そのうち顔が なんか変 クモの巣がまとわりついてるような

しばらくすると山頂付近




リュウキュウハグロトンボが道案内するように飛んでいました








湯湾岳山頂 やったね でも暑い




湯湾岳 奄美の神様にご挨拶




女将さんが握ってくれた玄米おにぎり

4人で美味しくいただきます




東シナ海が見えます




ケマイマイ 殻の周りにトゲ状のものが付いてます




この登山道から 無事下山 ありがとうございました





登山道入り口近くの展望台から 焼内湾が見えます  

Posted by kama'aina at 08:52Comments(0)徒然日記