2011年06月28日

加計呂麻の鳥

民宿【ゆきむら】では1晩中鍵を掛けない

昼間、誰もいなくても鍵は掛けない

網戸だけで、1日中気持ち良い風が家の中を通り抜けていく

この安心感と開放感は何だろう?

朝晩 様々な鳥の鳴き声を耳にする

特に夜 夕食をほとんどお庭でするので 良く聞える

お気に入りは 

【リュウキュウアカショウビン】





アカショウビンは キョロロロ~ロ~ロ~

不思議な 面白い鳴き声

【リュウキュウコノハズク】









コノハズクは ホホッー

母に伝えるのに家の中で鳴き真似をしたら・・・

ニーナが凄い勢いで 窓の外を見に行った

結構似てるのかも

夕暮れのお庭で ビールを飲みながら 鳥たちの声を聞く

他には何の音もいらない

テレビを見たいと思わなかった

新聞もラジオも要らない

こんな世界が、日本にある

嬉しいね   

Posted by kama'aina at 10:26Comments(0)徒然日記

2011年06月27日

朝ごはん

 朝から汗だくです さすが南国だね

 まな板を包丁でたたく音

 お味噌の匂い 

 ミーコさんが台所で朝ごはんの準備をしてる

玄米ご飯とお味噌汁、アジの開き、生卵、味のり、そしてパパイヤの漬物



電話で予約の時に、玄米ご飯をお願いしました。

理由を説明したら、快く引き受けてくれました。

ありがとうございました

朝からしっかり頂きます。

  

Posted by kama'aina at 14:02Comments(0)徒然日記

2011年06月22日

民宿 ゆきむら

 お詫び

 昨夜は遅い時間にブログのご案内が届き、ご迷惑をおかけしました。
 申し訳ありませんでした。
 今後このようなことが無い様、気をつけます。
 これからもよろしくお願いします。
 

 加計呂麻島の瀬相港icon19から車icon17で約5分

 5・6軒ほどの集落に、民宿ゆきむらはありました。



 細い道路の向こうには防風林を兼ねているガジュマル

 そして防波堤にせり出した涼み台海





 この涼み台、加計呂麻でのお気に入りの場所になりました。

 手の行き届いたお庭、たくさん花々。

 小さなパイナップルもなってて、おもわずニンマリface02 

 お部屋は6畳で襖と障子戸に囲まれ、不思議な安堵感がありました。

 思い出した!!

 母の実家だ 中学生になっても入り浸っていたあの家

 『お風呂に入ったら?』 女将さんのミーコさんの声

 早速準備して、広々としたお風呂に入る

 窓を大きく開け、外の風を感じながらお湯に浸かり、今日1日を振り返る。

 気持ちよく送り出してくれた母とダーリンに感謝face06

 そして二人との出会いに感謝face06

 お風呂からあがると待っていたのは、キンキンに冷えたジョッキに注がれた生ビールビール

 久し振りの生ビール クーッ 美味すぎ

 ゆきむら 初めての夕食

 メインは琉球豚&琉球イノシシ 

 それをゆきむらのご主人が囲炉裏の炭で焼いてくれます。

 タレは加計呂麻のキビ酢と加計呂麻の天然塩

 福島のイノシシと比べると匂いが少なく食べやすい。

 その他に野菜の炒め物、見たことが無い貝をサッと茹でただけの物




 この貝、イカのような食感

 ビールのつまみには、サイコー

 ミーコさんが海から採ってきたそうです。

 その時期になると、毎日取りに行くって・・・なんだか・・山菜採りと似てる  

Posted by kama'aina at 23:29Comments(0)徒然日記

2011年06月21日

於斎のガジュマル

《 民宿 ゆきむら 》のミーコさん

何度か電話で言葉を交わしていたせいか、お互い直ぐに打ち解けて話が出来た。

宿へ向かう途中、島での風習や食文化・山や木に宿る精霊の話

神々が住む島 加計呂麻 神島

そして出会った 





於斎のガジュマル

通り過ぎてしまったけど、お願いして戻っていただいた。

声をかけたい。

あいにくの曇り空





手のひらで木のぬくもりを感じる

〈 私 来たよ 会いに 来たよ 〉





1週間ほど前の台風で、すっかり葉が吹き飛ばされてしまった。

そばにいたデイゴの大木は、根本から切り落とされている。

何百年もの仲間を失って、淋しそう。

本来ならこんな姿が見られたのに・・・。





加計呂麻滞在中、何度も会いに来た。

11日(土)ダーリンが来た時も1番最初に来た場所。

13日(月)加計呂麻を離れるとき、最後にお別れした精霊。

於斎のガジュマル 

  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2011年06月20日

加計呂麻島

ただいまーicon16
無事に旅行から帰ってきました。
ここから数回にわたり旅行ブログとなります。
お忙しい方、時間があるときゆっくり見てください。

6月8日(水)

AM6:55郡山発の新幹線に乗るため、

駅前をワクワクウキウキしながら、スーツケースを押してたら・・・

ギョface08ロックしたはずのスーツケースが空いたface07

早々とトラブル発生

しかたない売店へ直行だ

『すみません。ガムテープ下さい!』

がっちりと、でも宿到着後開けやすいようほどほどに張ってっと

しかしこのガムテープ 鮮やかな黄色

一見、危険物・・に・見えないこともない

まっ、良いか

その後はスムーズに、羽田空港に到着。

空弁を買い、出発ロビーで待ってると

なんと、奄美空港上空に雷雲icon05発生icon20

飛ぶけど鹿児島経由で戻ってくる可能性があるらしい!?

ご了承ください?と何度もアナウンスが響いている

face06今日中に加計呂麻に入らせてください・・・face06

時々耳にすることがある。

その土地に呼ばれていないと、その土地には入れない。

何らかの邪魔が入る。

私は呼ばれてるのではなくて、引き寄せられている。

もの凄いエネルギーが私を引き寄せ、私はそれを受け入れているのだと思う。

定刻に離陸し、飛行機が水平飛行になった。

空弁の時間。これも旅行のお楽しみicon28

あっ、富士山がチラッとみえた。

このお天気で見れるなんてラッキーicon14

気がつくと飛行機は同じところを旋回している。

眼下にはコバルトブルーの海。

ここは? 鹿児島? 奄美?

ほどなく奄美空港到着時間を知らせるアナウンスが聞こえてきた。

飛行機の外に出るとムッとするほど湿気がまとわりついて来る。

危険物のようなスーツケースを持ってバスチケット売り場へ。

奄美空港から加計呂麻島へ渡る古仁屋のフェリーターミナルまで、バスを乗り継いで約2時間半。

のんびり走るバスから見える風景は、まるでハワイの田舎みたい。

時々、山や道路が崩れている。

昨年の10月に起きた自然災害の爪痕が痛々しい。

PM4時 古仁屋のフェリーターミナル到着。

確か4時20分発の船があるはず・・・。

無い! 5時半迄ない!? 本当?

取りあえず誰かに聞いてみよう

近くにいたお姉さんは、遥か彼方の小屋を指さした。

『あそこから海上タクシーが出るよ。』

それだー!!

必死にスーツケースを押しながら思い出した。

確か15人位しか乗れなくて、先着順だったはず。

海上タクシーの小屋に集まってるおばちゃん・おじちゃん。

『瀬相行、まだ乗れますか?』

近くのおばちゃんが人数を数えてる。

『あんた乗れるよ。』

やったぁicon14

高校生の男の子がスーツケースを運んでくれた。

小さな船には、赤ちゃん連れのお母さんやおばちゃん・おじちゃんが沢山の荷物を持っている。

加計呂麻島には余りお店がない。

もちろんコンビニもない。

島の人々は、時々買い物に大島に来るのだ。

船を下りると皆が聞いてくる。

どこに行くんだい?

電話したら迎えに来てくれるよ!

そっか、タクシーも無いんだ。

待ち合わせはここ





ほどなく《民宿 ゆきむら》の女将さん ミーコさんが軽のミニバンで迎えに来た。  

Posted by kama'aina at 10:23Comments(0)徒然日記

2011年05月23日

モッコウバラ



4年目のモッコウバラ

私の想いには関係なく、こんなにたくさん咲いてくれました。



アーチをくぐるとこんな感じ



あっ おかえり



ニーナがお散歩から帰ってきました。



夕暮れ時のkama'aina



自然の力に感謝face06  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2010年12月09日

月山

いよいよ7月下旬 月山へ

今回はとても長いブログです。
お時間があるときゆっくりみてくださいね。




他の写真アップできなかった。
ごめんなさい。

リフトのある登山口から出発

通常2時間で山頂までいけるのですが、なんせこのメンバー(実家の両親・ダーリンの母・弟)です。

全員が無事にあがるには、とにかく無理しない。

でも甘えない。倍の4時間をかけて登りました。

何度も休憩を取り、そのつどみかんやソーセージが飛び交ってました。

なだらかな所では草花や景色を楽しみ・・・。

雪が残っているところでは、学生さんがスキー合宿。

もしかしなくても、この若者達は毎日ここまで登って来るんだ。


山頂近くになると、さすがにしんどいようです。

はじめての登山です、無理も無い。

山頂から戻ってくるほかの方々が、声をかけてくれます。

大丈夫ですか?もう少しですよ、頑張って。

笑顔もでない。

呼吸も荒く、顔色も優れない。

ここまでかな? おんぶして戻るか? 

でも、山頂まで一緒に行きたい。

どう大丈夫? 

少しでも負担を軽くしようと、ずいぶん前から荷物は弟が持っている。

山頂近くは、岩がごろごろとあり、足場がとても不安定。

1歩1歩確かめながら登っていきます。

「山頂に着いたら、バス待ってる?」

一瞬 face07 言葉につまり、他のメンバーと目が合った。

ヤバイ?

笑いながら答えた。

《ネコバスは、ここには来ないよー。頑張って歩こうね。》

なんでも笑顔に変えるのだ。

4時間かけて山頂到着。

着替えをしてから、月山神社で祈祷していただく。

その後、山の神に祝詞を奉げる。

午後2時、やっとお昼です。

早起きして作った玄米のおにぎり

車麩に卵をしみ込ませた卵焼き

写真が無いのが残念

昼食が終わる頃、はたと皆気付いた。

「そういえば、リフトは何時まで動いてるの?」

あぁ~、やっと気付いた。

「4時半までだよ。」

「えっ?face08・・・後2時間半しかないface07

急いで下山準備。

緩やかな場所は急いで、急な所や危険地帯(残雪あり)は慎重に歩きながらの下山となりました。

一方、弟はというと、時計と足取り危ない母親達を交互に見ながら、頭の中は何時スパートかけようかと考えてる。

後、一山越えればリフト乗り場が見える。

一足早く行った弟は悠彼方へ消えてゆきicon16 女3人組はマイペース。

父親はそんな私たちを、時にはせかして、時には腰を下ろして眺めてました。

リフトが止まる15分前に無事到着。

あっ、途中コケた人もいました。

笑ったりface02 苦しんだりface10 声掛け合って、励ましあって・・・。

この月山登山は、私にとってかけがえの無い宝icon27になりました。

父と弟。そして2人の母と。

昔、月山に登った私たちのご先祖様が見守ってくれたのだと思います。

ハートきらきらありがとうハートきらきら キラキラおじいちゃんキラキラ
  

Posted by kama'aina at 15:13Comments(0)徒然日記

2010年11月15日

プレ登山

月山登山を1週間後にひかえた7月中旬。
足慣らしの為、今年2度目の鎌倉岳(古殿町)登山
今回は途中から登山道を変えて、お社が奉ってある方面から山頂を目指しました。



緩やかな上り坂の後、お社参拝。
ここでニーナをワンちゃん専用リュックへ。



お社を出てからは、険しい岩肌に挑みます。
足場を確保しながら、両手はチェーンへ。
時々前の人のお尻を押し上げて・・・。
こんなときのニーナはじーっと借りてきた猫のよう。
10分ほどで山頂!
暑かったせいか、ニーナは地面を掘りまくり。
犬だったのねー。

さて1週間後は、いよいよ月山
全員登頂は無理間も知れない・・・。
でも、富士山よりは楽なはず






  

Posted by kama'aina at 09:00Comments(0)徒然日記

2010年11月04日

山登り

今年のはじめ頃、弟に誘われた
「夏休みに入ったら、月山行かね?」

!? 月山!?
なんで私が弟と二人で月山?

真相は別にあった。

私達きょうだいには、もう少しで77才になる両親がいる。
数年前までは、毎年恒例で町の人達と月山登山をし楽んでいた。
しかし、皆のペースに合わせるのが困難になり断念。
しかし月山への思いは増すばかり。
両親は弟に一緒に行かないか?(連れて行って、とは決して言わない)
と声をかけた。
山好きの弟は行きたいが、途中何かあったら、1人では大変だ。face07
山を甘くみてはイケない。
そんなこんなで、私も行く事になったのです。

そうなると、私はニーナも一緒に連れて行きたくなった。
既に二つの[鎌倉岳]を制覇したニーナくん力こぶ

今年3月 古殿町


今年4月 常葉町


まずは月山の下調べ

所要時間・登り口・ニーナも宿泊出来る宿等々・・・。
宿泊先は宿坊が沢山ある岩根沢に決定!
岩根沢の宿坊では一軒だけ、「ワンちゃん良いですよう。」と温かいお言葉。
でもゲージからは出れないらしい・・・。
普段、好き勝手に家の中を走り回ってるニーナ
私の我儘に付き合せるのはかわいそう。
2泊3日の間、ニーナはお留守番です。face10

3日間大丈夫?

この頃のニーナは、まだ朝・昼・晩と3回の食事をしてました。
朝と夕方の散歩も必要!!

ダーリンface07 どうface07

ニーナにはダーリンだけが頼りだよ。


  

Posted by kama'aina at 09:38Comments(0)徒然日記

2010年11月01日

御神体 弥山

金曜日夜10時頃出発icon17し、土曜日午後2時頃広島到着。

ドライバーさんには感謝感謝ですface06

広島名物《お好み焼き》をたらふく食べ、夕方宮島観光。

日曜、朝イチのフェリーicon19でふたたび宮島入り

全国各地から集まったダンサー。

遊舞炎舞の演舞終了後、御神体の【弥山(みせん)】山登山へ

ちょっと待って、お昼たべてないよ
皆のサポートしてて時間が無かった。
歩きながら物色
あった―!!
牡蠣弁当face05

リフト乗り場までの車内で、文字通り掻きこみました。
美味しかった?たぶん?味が分からないほど急いでいたので・・・。
次回はゆっくり牡蠣を堪能したい

リフトとケーブルカーを乗り継ぎ、三人でいざ山頂へ



あいにくの曇り空でしたが、とても素晴らしい景色に癒されました。



こんな所もあり



細胞が喜ぶ喜ぶ。

山頂はこんな感じ



奇岩だらけです

海外のかた、特に北欧系のかたが多く登ってました。

出発時間が決まっていて、それまでには戻らないとヤバイ。
かなり焦りながらの下山でした。

かかった時間は往復約3時間
【弥山】かなりお勧めです。

また必ず登ります。

次回は出来たら(体力があったら)リフト・ケーブル無しで・・・。
  

Posted by kama'aina at 08:05Comments(0)徒然日記

2010年10月29日

宮島

黒澤明生誕100年記念事業に参加する為、はるばるやって来たicon16『遊舞炎舞』ダンサー&サポーター
フェリーに乗り込み、気分は完璧におのぼりさんうさぎいぬさるぱんだにわとりひよこぶたペンギン



少しづつ近づいてくる真っ赤な大鳥居




宮島に着き歩きはじめた途端、何かが足元から包み込んでくる。
肉体がすかさず反応した。
全身に鳥肌が立ち、髪が逆立っている。
嫌な感覚では無く、むしろ心地よい。
「あ―っ、やっとこの地に来れた。」

神々が住む島、宮島


夕暮れ時の宮島は干潮で、歩いて大鳥居へ



厳島神社へは残念ながら、時間が遅かったので入れませんでした。


次の日、朝イチのフェリーに乗り込み、まだ誰もいない厳島神社へ参拝




いい感じの面構え 

その後は怒涛のお祭りタイム

遊舞炎舞《新風烈火》でございます



鹿さんも一緒

  

Posted by kama'aina at 10:33Comments(0)徒然日記

2010年01月13日

はじめまして

はじめまして、僕『ニーナ』です。



年明けの1月4日、kama'ainaファミリーの一員になりました。
よろしくお願いします。

昨年11月頃から、kama'ainaの圭さんは僕を探し始めたんだ。
図書館へ行って調べたり、ネットで探したり・・・。
でも、当たり前だけど、そんな所に僕はいないよ。
12月になると、僕に『ニーナ』って名前をつけて探してた。
お母さんや圭さんのダーリンはペットショップへ行ったけど、僕を見つけることは出来なかった。
年が明け、1月2日仙台の大きなペットショップで他の子を抱っこしてたけど、僕じゃないのは分かったみたい。
そして次の日の3日、とうとう僕を見つけた。
僕は郡山市内の『ワンズClub』にいたんだ。
最初、どうしていいか分からなかったけど、とにかく嬉しかった。
なのに僕を抱っこしたのに、ショップのケージに返されたんだ。
悲しかった。
僕なのに・・・。
そのあと、ダーリンが来て僕を抱っこしてくれた。
でも、また返されちゃった。
そんな様子を見ていた圭さんの目からは、涙がボロボロあふれてた。
帰りの車の中でも、涙が止まらなかったらしい。
他の子を抱っこした時は、そんな風にならなかったのにね。
おうちに帰って、家族会議して、その日のうちに電話で僕を引き取ることを伝えたんだ。
4日、僕はkama'ainaファミリーになった。



黒くてどこに目があるか分からないけど、よろしくね。

普段、僕はお店にいません。
お客様がいない時や、リクエストがあった時だけ、お店にいられるんだ。
だから僕に会いたい時は、圭さんに伝えてください。

で、kama'ainaブログ読者の皆さんへ、僕からプレゼントがあります。

ハーブヘナ・ヘッドスパ 圭さん手作りのハーブシャンプー付き
ショート   9.975円 
セミロング 11.025円
ロング   12.075円
こちらから15%引き
期間は明日から2月15日までです。
(この日で僕は生後90日)
予約のときに必ず、ニーナのブログを見たって伝えてくださいね。


圭さんには後で伝えるから大丈夫。

 



  

Posted by kama'aina at 18:49Comments(3)徒然日記

2009年10月04日

アゲハ

気持ち良い―お天気
家の中にこもっているには勿体ない
そんな日は庭に出て、ハープ達とお喋り

あれface08
ルーを食べてるこの子達face02



アゲハチョウの幼虫だ

でもはじめはこんな感じです。



何で今時期にface07
去年は夏真っ盛りに来てたのに・・・。

こちらはお引越し



さなぎになる準備へいきます。

朝晩涼しいけど、無事に成長してくれるかなぁ〜。
う〜ん、心配です。
  

Posted by kama'aina at 15:18Comments(0)徒然日記

2009年08月31日

向日葵の行進

調子に乗って、またまた裏管理人Kがお届けいたしまーすface02

暑さ寒さも彼岸までと申しますが
お盆を過ぎてから、朝晩涼しくなってしまって
今年は例年よりも早く、秋が来てしまいそうですねぇ

でも kama'aina の前には、まだ少~し夏が残っていますicon01

お客様の Ⅰ・E様 よりいただいた「ミニひまわり」の苗
一斉に咲いて、可愛いひまわりが一列に並んでいるようでした

I・E様とは、Kama'ainaを開店する前からのお付き合いで
いつもガーデニングのアドバイスをいただいたり
大好きなワンちゃんいぬのお話で盛り上がっているそうです(いつもありがとうございますよつば)


しばらくみんなの目を楽しませてくれたミニひまわり達
お花が終わった後、先を切っておいたら・・・

なんと!横芽が出て、またお花が花o


よく見ると葉っぱの根元にも、たくさんの蕾がついていました

咲いた後もまだまだ元気力こぶ
植物のパワーに、元気をもらったような気がしました

Kama'aina前のささやかな夏は、まだまだ続いてくれそうですface02  

Posted by kama'aina at 10:40Comments(2)徒然日記

2009年07月24日

ラブリー(・。・)y

なんとも可愛いお客様ハートきらきら
生後2ヶ月だそうです。



Kanakoママ&Meiちゃんでーす

ご予約のお電話をいただいた時から、ワクワク
kama'aina特製のベビーベッドを準備して・・・
ヘナカラーの最中、とってもいい子でした。
また遊びに来てね
face02  

Posted by kama'aina at 15:35Comments(0)徒然日記

2009年04月17日

伊井よさこい祭り

4月5日(日)いよいよ開催日!
長野は飯田市、文化会館が会場です。
このお祭りの目的は『教育開拓』
踊りを通して、みんなが前向きな心と思いやりをもって生きていく
ではご覧下さい。


早速、楽屋でヘア&メイク、お支度中


合同演舞 『いつも心に太陽を!』




新潟の『響』さん


合同演舞 『五大元素』


イケメンも沢山いました(笑)


そして私たち【遊舞炎舞】 『和つくり』の演舞中です


『和つくり』は平和を繋ぐ踊りです。
この空間や皆さんの心に和が生まれることを願って一生懸命に踊ります。


合間に記念撮影
それにしても、凄いメイク
誰だかわかりません・・・・たぶん・・・。

ラストは踊子全員の『総踊り』


お世話になった方々・応援してくださる皆さん、ありがとうございます。
感謝  

Posted by kama'aina at 12:55Comments(0)徒然日記

2009年04月16日

善光寺

4月4日(土)長野は善光寺、そして目的地の飯田市へ行って来ました。
では早速・・・。


高速道路からの眺めです。
雄大な山々に圧倒されます。


初めての善光寺、しっかり御参りをして、真っ暗闇の《お戒壇めぐり》をしてきました。
中央の白い布で巻かれているのが『回向柱』です。
7年に1回の御開帳前日の様子です。


時間をかけて、お坊さんがゆっくり歩いていきます。




善光寺でのもう一つの目的、約20年ぶりに会う友人との再会。
大学卒業したばかりの彼女が、素敵な大人の女性になっていました。


仲見世の宿坊前にお地蔵さん。
奈良のセント君と同じデザイナーだそうです。


今夜のお宿飯田市の《風越研修センター》
みんなで仲良く、雑魚寝でございます。
いよいよ明日は『いいよさこい祭り』開催です。
お楽しみに!!

  

Posted by kama'aina at 10:33Comments(0)徒然日記

2009年04月08日

振込め詐欺パート2

今日はなんだか穏やかな日である。
(つまり、店は忙しくない)
こんな日は、片付けの日と決めている。
にもかかわらず、パソコンで調べ物をしていると・・・・。


母が自宅の電話の子機を持っておそるおそるやってきた。



母:変な電話なんだけど・・・代わってくれる?

K(変な電話?詐欺?今の母の言葉は先方に届いたな?)

K:もしもし、お電話代わりましたが・・・。

S:*+●△で偽造カードが発見されました。@p;@:;@p・;;なので確認の電話・・・

K:すみませんが、どちら様でしょうか?

S:福島県警の捜査2課、カワシマセイジといいます。
  (とても早口)
  キャッシュカードを盗まれたり、失くした事はありませんか?

K:もう一度お名前を教えて下さい。

S:カワシマ

K:カワはどういう字ですか?はい、三本川の川ですね。
  で、シマは?山へんが付きます?付かない?
  セイジは?誠実の誠?
 (本当に誠実なんだか)
  ジは?つかさどるの司ね。
  川島誠司 っと。


この辺りから、どっちが警察で尋問されているのか分からないモードである。

K:で、どうしました?

S:伊藤〇〇子さんの偽造カードが銀行から発見されました。
  カード失くしたり、盗まれたことはありませんかねぇ?


K:・・・・・。

S:東邦銀行、大東銀行のカードなんですがぁ・・・。

K:本人ではなので確認しないと分かりません。
  そんなことは言ってませんでしたが・・・。


S:東邦銀行や大東銀行と取引はありませんか?

K:さぁ、どうなんでしょう?

S:・・・・。

K:ところで、カードはどこで発見されたんですか?

S:・・・。

K:どこの銀行さんから発見されたんですか?

S:そっ、それはお伝えできません。

K:どうして?

S:個人情報の件もありますし、捜査段階なので・・・。

K:個人情報?捜査段階?関係ないでしょ、それとこれは別じゃないの?

S:はぁ~。

K:ど・こ・で、発見されたのか言いなさい!

S:ツーッ・ツーッ・・・・・・。

(ふふっ、諦めたか。私のしゃべりの勝ち。やったね!)

その後、福島県警捜査2課、川島誠司へ電話した。
もちろん、そんな人物はいない。

次回は騙されたフリに挑戦したい!
私の女優魂に火がついたのであった。




 



  

Posted by kama'aina at 14:43Comments(3)徒然日記

2009年01月09日

だっ、誰?



何この人 face08 誰 !?

kama'aina にミイラ出現!!

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが・・・私ですface07

はい、keikoicon10でございます。

(ここんところ自分の(・・*)。。oOの大掃除もしてないなぁ)、と気づき、おやすみの日にセルフエステに挑戦icon12

鏡の中の自分が、あまりに珍しかったので、ついパチリ カメラ

セルフエステ中は、ひたすら毛穴の掃除。

まずはスチームで肌を温めゴマージュで古い角質を取って・・・。
 (角質がこびりついちゃうと吹き出物やシミのの原因になってしまう。)

アロマのエッセンシャルが入ったオイルでマッサージ。
 (この香りがたまらなーいicon06

肌の温度を上げ毛穴が開きやすくなるように、カッピング(吸引)

直径が大きなものから徐々に小さなカッピングへ・・・。

小鼻の回り・口元・あごの辺りが特に出てくる。
 (毛穴が詰まっていると、どうしても肌がゴワゴワに硬くなってしまう)

やってもやっても、出てくるのでひたすらカッピング
でもこのカッピング。
気を付けないと鬱血してしまう事があるので、要注意
子供の頃、コップで口の周りが赤くなってしまった経験ありませんか?
あの赤い小さいのが出来てしまうんですねぇ。

カッピングの次は、クレイパック。
(これで汚れを吸着)

最後にロ-ションパック
(これで写真のミイラの出来上がり)

仕上がりは・・・・
モッチモチで良い感じface02

  

Posted by kama'aina at 14:09Comments(0)徒然日記

2008年09月10日

育成中?



2・3週間前から、アゲハチョウがkama’ainaのお庭に遊びに来ておりました。

ひらひらと舞う姿はとても優雅face05

『ルー』というハーブに卵を産むかもと思っていたら・・・



face08山椒の上半分が、見事に食べられちゃいました。
夏に、お友達のYASUKOさんのお庭からいただいてきたのに・・・face07
後で別の友人から、「ミカン科が好きだからね!」って。
山椒がミカン科・・一つ学習しました。

で、お引越しです。
私の小指くらいの赤ちゃんを、そっと割り箸で運びました。
山椒からルーへ。

引越し後、よくルーを見たら、たーくさんの幼虫を発見!!

保育士さんのお客様に話したら、「生きた教材だ!子供達にも見せてあげたいface05
という事で、今度はルーの葉っぱ付きで田村保育所へお引越しicon16

kama’ainaの幼虫達は、順調に育ってこんなに食欲旺盛




1匹、さなぎになろうとしてます。

もうちょっとで、アゲハの乱舞が見られます。

  

Posted by kama'aina at 11:48Comments(0)徒然日記