2014年02月12日

ハーブ研究家の講演会を終えて



先日、憧れのハーブ研究家の講演会へワクワクしながら行ってきました。

この方の出版された本を参考に、kama'aina大地の子のお庭や、家庭内でのあれこれに、楽しい時間を過ごしてました。

講演会が始まり、時間が進むと共に悲しいくなっている自分を発見し、なぜ私はここにいるんだろう?

何を期待してたんだろう?

あ~ぁ あの原発事故の日から『夢見る熟女』は消えた、と悟った感じでした。

周りを見渡すと、目をキラキラさせたおばさま方。

この人達は何も感じないのか?

話の内容は自分の生い立ちから始まり、ハーブの話。

ハーブの利用法や効果など。

どの話もほとんど本の中身と同じだったこともあり、私の内なる声は

「そんな事よりハーブ研究家として伝えなくちゃいけないことがあるだろう。」

「おいおい、ここ福島で、それやっていいの?」

「あなたに憧れている人は、何も考えず自分の庭で栽培したハーブを摘んてくるよ。」

「内部被曝を煽ってるみたいだ。」

「帰ろう 私はもう夢見る熟女じゃいられない」

立ち上がりかけた時

「ご意見・ご質問を3名まで受け付けます」

早鐘のようにドキドキしてきちゃった。

言うか、言うまいか。

何を言うの?

私はこのハーブ研究家を非難するつもりは全くない。

気づいて欲しい。

ここで何が起こっているのか。

あなたは何を伝えに福島で講演会をしてるのか。

あなたの言葉の影響力を知ってほしい。

2名は憧れてました、とか、素敵ですね、とか

そんなたぐいの言葉を並べてた。

会場内はとても暖かくエンジェルでも飛んでいそうなラブリーな雰囲気。

この雰囲気を壊すのは申し訳ないなぁと思いつつ、あと1名という言葉とともに手を上げながら立ち上がっていました。

私が伝えた内容は

「話し聞いてて、とても悲しくなりました。

私の庭のハーブは使えません。

なぜ使えないか、分かりますか?」

ハーブ研究家の顔は、はっとしたような表情になりとても戸惑っていました。

自分の立場や何やら話し、原発への考えを話し・・・。

「すみません、今は原発とハーブは別問題です。

汚染されたハーブはどうでしょう?」

えー、皆さん知ってますよね?知ってるでしょ、そんなことぐらいね?

「いいえ、大半の方は知りません。または知りたくないのかもしれません。」

その後も聴衆への問いかけが続き、その様子を見ながらこれで今はいい。

皆が考える機会が持てた。

半分も伝えきれなかったけど・・・。

会場を後にすると、私より年上の女性が声をかけてきた。

皆が知りたかった事を、言いたかったことを言ってくれてありがとう。

その後、再会を約束し別れました。

内部被曝を推進してる沢山の人々。

自分が作った野菜で誰かを病気にしてるかもと、良心の呵責に震える人々。

な~んにも考えず、無関係・無関心を装う人。

私も人間なんだな。


同じカテゴリー(徒然日記)の記事画像
心を癒やす台湾保養2017
魔法の庭園
夏の甘酒
ホノ・フェス コンベンションセンター
ハワイ・パンケーキ
ホノルル・フェスティバル
同じカテゴリー(徒然日記)の記事
 心を癒やす台湾保養2017 (2017-09-04 18:37)
 魔法の庭園 (2017-06-08 09:00)
 夏の甘酒 (2015-08-06 12:45)
 ホノ・フェス コンベンションセンター (2014-04-18 09:00)
 ハワイ・パンケーキ (2014-04-08 14:38)
 ホノルル・フェスティバル (2014-04-07 09:39)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。